プロフィール

Author:朝来のかみやしろ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来てくれた人

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございました

 ありがとうございました上八代元気村サポーターとして2011年10月~2012年3月30日の期間おせわになりました。最後にいろいろな感想をお伝えして、担当を終えたいと思います。
●60歳以上の方で、農業にたずさわる方は、男女にかかわらず、元気な人が多い体力は、若い人に比べると落ちますが経験(知恵)の部分と持続力は凄いです。健康で元気で過ごすには、農業がおすすめかも!
●機械化により、大きな水田、畑などの管理がしやすい・・・自家用車が乗れる方なら十分こなせます。
●上八代では、農地を守るため営農組合を設立し、地域をまとめ、やる気集団を作り積極的にチャレンジされています
●問題点としては、採算と拡販のようです、組合長と区長さんは、営農組合の中でボランティア部分が多く見受けられます、又次の世代の教育も考えられていますが、思うようにいかないようです。
●私の感想・・・第一次産業の農業が、ベースになり、第二次産業、第三次産業がその上に乗っかっているイメージがあり、第一次産業(農業)が、最重要部と思っています。自給率が40%ぐらいでは、不安定で第二次産業、(工業)第三次産業(サービス業)の安定発展が見込めません、別の見方をすると、不況に強い?のですが、採算がとりにくいので、いろいろな知恵や、努力により、採算をとれる事が課題です。成功例も多くあります。
●上八代を見ていると、儲けることも重要な部分ですが、人のつながりを大事にされる言動が多いです。
藤本組合長は、老人が健康で楽しく過ごせるようにといつも声をかけ、アドバイスをしたりされています。
●自分自身を奮起させるために、勉強したり、人と交友を持ったり、自分を鍛える事が重要つまり自分の中の敵と常に戦って勝つ!


この6ヶ月間上八代スタイルの農業の学びを通して、たくさんの人と知り合いになれて、多くの知恵を学び、楽しい仕事をさせていただきました。ありがとうございました。Y,Mでした
スポンサーサイト

水田のミゾキリ作業

  水田でのミゾキリ作業をしました
目的:水はけを良くして、土を乾燥させる
今回は、水田をピーマン畑へ変更する為、水田を乾燥させたいとの事です

P1010226_20120327123540.jpg
これは、乗用式のミゾホリ機です

P1010228.jpg
組合長は使用しているところです

P1010224.jpg
かなりの水がのこっています

P1010227.jpg
時間がたつにつれて水がへってきました

P1010230.jpg
24時間後の水田です。かなり減ってきましたすごいです。

コウノトリ米の玄米出荷

  コウノトリ米の玄米を出荷しました今回は、2kg入りの袋75個出荷しました。

P1010221.jpg
シールと値段札を貼り付けしている所です

P1010222_20120327122854.jpg
計量して袋へつめています

P1010223.jpg
発送先へダンボール箱につめました

ビニールハウスの2回目の葉野菜植付

  一回目の葉野菜の収穫も終わり、二回目の葉野菜の植え付けをしました。
今回は、一回目の真冬の植付ではなく、「暖かくなってからの植付なので早く芽がでる」と組合長のお言葉です

P1010206.jpg
苦土石灰と有機肥料を散布して、小型耕運機で2回耕します

P1010207.jpg
耕しが完了しました

P1010210.jpg
小松菜の種を5㎝~10㎝ピッチで植えたっぷりの水を与えてやりました

P1010211_20120323122824.jpg
左側が小松菜、右側がサニーレタスを植えました暖かくなってきましたので、早く芽を出しそうです

”地域の新鮮野菜で作った健康レシピ” 試食

  いよいよ試食です、料理を目の前に、私は、フランス料理のイメージがありました。素材は、そのままで、各種ソース(ドレッシング)でお好みでめしあがる感じで、すごく新鮮な感じでした。
食してみて、どのドレッシングも個性があり、なんと!おいしいではありませんか!初めての体験でした。
”地域の新鮮野菜で作った健康レシピ” を通して、地域の人の高齢化も感じましたが、一つのイベントをとおしての情報交換や、昔の知恵、情報の話も弾んでいました。

上八代のみなさんの感想
●こんな料理の仕方があったんだ!
●おいしい!(表現の仕方がありません、下写真を見て想像してください)
●料理レシピコピーしてください!(全員の人が希望され、もって帰られました)
●ふだんよりご飯が進む!(私は、コウノトリ米を2杯も食べました)
●精進料理なのに大満足できる!
●ふきのとう、味噌ダレうまい! 
●明石理香先生のバイタリティあふれる活気で元気にして頂きましたありがとうございます
●感激しました


以下会場の雰囲気をあじわってください!
いよいよ各種料理も完成して、試食の為に全員で、上八代公民館試食会場へ運びます。
P1010176.jpg

P1010189.jpg
兵庫県地域再生課(小規模集落元気作戦担当)の佐藤 氏のご挨拶をいただきました。

P1010187_20120318175411.jpg
上八代地区副区長の荒木さん(責任者)

P1010195.jpg
クッキングコンサルタント 明石 理香先生が食事前に料理の説明、食べ方の説明をしていただきました。
http://www.geocities.jp/mamycookrika/(明石 理香先生のホームページ)

P1010204.jpg
みなさんから、「うん!うまい、こんなの食べたことが無い先生、ぜひレシピがほしいです」の声があがっていました。
P1010179_20120318174418.jpg
ゴボウ、明日葉、ユキノシタ、などのかき揚げ
P1010180.jpg
青菜とじゃこの酢の物:青菜、ちりめんじゃこと調味料で作ったものです
P1010181.jpg
大根おろし、白玉粉が主原料で、フライパンで焼き上げました。仕上げにタレをかけていただきました。
P1010182_20120318174656.jpg
これは、ミズナを蒸すか湯がかれたもの?
P1010184_20120318174816.jpg
切り干し大根の酢の物:切り干し大根、ニンジン、ミズナ、刻み昆布、調味料:米酢、醤油、みりん、塩
P1010185_20120318175006.jpg
P1010175.jpg
P1010174.jpg
P1010173.jpg
ニンジン、さつまいも、かぶら、各種ドレッシングです。




”地域の新鮮野菜で作った健康レシピ” 調理

3月16日(金曜日)明石先生をお招きして”地域の新鮮野菜で作った健康レシピ”と題して上八代公民館で、実習をしました。
上八代のみなさんは、わいわい、がやがや、活気にあふれ、真剣に、楽しそうに、調理をしておられました。
P1010126_20120316164120.jpg
全員の打ち合わせ後、調理実習中の明石先生
P1010123_20120318092624.jpg
ふきのとう、明日葉、ミズナ、ホウレン草、ごぼうの野菜材料
P1010124_20120318092458.jpg上八代のユキノシタ材料


今日のメニュー
◎ドレッシング
●梅ドレッシング ●豆腐ドレッシング ●トマトドレッシング ●和ドレッシング ●ふきのとう みそ
●ねぎ塩ダレ ●ねぎみそ

◎主食材
●蒸しサツマイモ ●ホウレン草湯がき ●ミズナ湯がき ●キクナ湯がき
●だいこんおろしと白玉粉の和風モチ
●切干大根の酢の物
●青菜とじゃこの酢の物
●掻揚げ(ゴボウ、黒豆、明日葉、ユキノシタ)
●その他

P1010114_20120316165534.jpg
P1010118_20120316165606.jpg
メニューには無かったフキノトウみそ:明石先生・・・「フキノトウが沢山持ってきていただいたので、思いつきました。」
※フキノトウをさっと茹でて(塩)水にさらし、ざるにあげて細かく刻み、すり鉢ですりつぶし、味噌、砂糖、酒、みりんを混ぜ合わせる、
※フキノトウ300g、みそ200g、砂糖200g、日本酒50cc、みりん50cc、

P1010119_20120318094618.jpg
●ねぎ塩ダレ:長ねぎと生姜をサラダ油で香りが出るまで炒めて鶏がらの素、砂糖、塩を加える、
●ねぎ味噌:長ねぎと生姜、にんにくをごま油で炒めてみそ、みりん、砂糖、酒を加えて練り合わせ最後にかつおぶしを加えて風味をだします

P1010150_20120318100838.jpg
P1010135.jpg

これは、大根おろしと、白玉粉が主材料の和風もちのような料理です、上八代特産の黒豆大豆も入っています。

P1010149_20120318110049.jpg
平成23年上八代産の黒大豆枝豆です。
P1010164.jpg
掻揚げなんですが、揚げ物が、散らばらないように、クッキングペーパーを使用しています。
P1010166.jpg
各種野菜の掻揚げ:”からっと揚げるために、米粉を使用されていました。

P1010151_20120318105316.jpg
明石先生と上八代のみなさんは、いろんな知恵と工夫で、てきぱきと、見る見るうちに、料理ができました

”地域の新鮮野菜で作った健康レシピ”

  上八代地区では、3月9日(金曜日)料理研究家の明石理香先生をお招きし”地域の新鮮野菜で作った健康レシピ”と題して、自由なディスカッションで、上八代のみなさんと和やかな講義でした。
実際の料理を全員で作って、試食しますのは、3月16日(金曜日)です。
●目的:地域の新鮮野菜を使った、健康に良いレシピを覚え活用する、又、料理での交流をはかる
●参加者:上八代地区のみなさん

P1010063_20120310101325.jpg
クッキングコンサルタント 明石 理香 先生(中央)

P1010065_20120310102254.jpg
P1010064_20120310102224.jpg
上八代地区のみなさん

P1010087.jpg
藤本組合長:挨拶の中で、地区の老齢化、独居老人、老人がらみの犯罪、地域ぐるみで考える事の重要性をお話されていました。   料理教室の交流でますます上八代元気村ですね!

P1010102_20120310101852.jpg
P1010057.jpg
明石先生は、みなさんの実際の食生活を聞きながら、黒板に書き取り、3月16日に向けて構想を練っておられました

P1010090_20120310120518.jpg
ランチを頂きながら3月16日に持ってこれる野菜を検討しました。
ビニールハウスの食材、大根、明日葉、カブラ、ネギ、ニンジン、ゴボウ・・・
上八代のみなさんは、イキイキとして、いろいろな意見も出て、和やかでした。

棚田の水抜き

  昨年12月11日より冬期湛水(とうきたんすい)していました棚田の水抜きを3月9日開始しました。
今後の予定は、水抜き⇒水田乾燥⇒有機肥料散布⇒撹拌⇒水入れ⇒代掻き⇒数日間休ませる⇒代掻き⇒数日間休ませる⇒代掻き⇒数日間休ませる⇒田植えなどの工程があると思われます。

P1010029_20120310092114.jpg
この写真は冬期湛水(とうきたんすい)中の写真です。

P1010103_20120310092401.jpg

P1010104.jpg
棚田の午前10時頃水抜きをし、午後4時頃の写真です。

野菜の出荷が始まりました。

  市場調査も兼ねて、野菜の出荷をしました。3つの店舗へほうれん草とチンゲン菜のサンプル出荷です、同時に上八代地区住民へ少量ですが商品外規格品を配り意見も頂きました。藤本組合長の話では、3月12日と13日に大口注文がありほとんど出荷できるようです。よかった!

P1010048_20120308131604.jpg

出番を待っている手前チンゲン菜と奥のホウレン草、丹精込めて世話をさせてもらって、「大きくなってくれてありがとう」です!何だか感傷的になります。

冬期湛水(とうきたんすい)水田で発見

  冬期湛水(とうきたんすい)の継続中ですが、温かくなってきた為なのか?水田に少し変化がでてきました。水鳥が水田中を動き回っていたり、緑の藻がふえてきたり、水中に卵?らしいものも発見できました。

P1010036_20120306124451.jpg 取水口付近の緑の藻が点在してきました。


P1010042_20120306124606.jpg 水中に卵?がありました。

上八代公園綺麗になりました

 上八代公園の雪がやっと解けました、以前から気になっていました公園広場の南端に積み上げられていました木片を片付けることが出来ました、綺麗になりました。

P1010046_20120306123301.jpg
実際は、この写真の4倍ありました、木片山の中の白い部分は、雪です。

P1010047_20120306123444.jpg
整備した後の写真です、綺麗になりました。

野生動物等被害総合対策の推進

  野生動物等被害総合対策の推進研修会
                                 平成24年3月1日(木曜日)13:00~16:00
1、目的:但馬地域で、野生動物の被害対策を一層推進する
2、事業内容

(1)狩猟者等被害対策担い手の確保育成(継続)
●鳥獣対策マイスター育成スクール
●集落獣害アドバイザー養成
(2)集落ぐるみの被害対策モデル実証(継続)
(3)クマを寄せ付けない集落づくり(継続)

  シカ箱ワナ・囲いワナ大量捕獲講習会 フォローアップ講習会
(1)箱ワナ・囲いワナ捕獲の課題解決方法(基本的な捕獲技術)兵庫県森林動物研究センター 安部 豪 氏 
●餌:誘引力・費用・扱いやすさ・腐りにくい・入手しやすい
●警戒心を取る工夫
(2)平成23年どの箱ワナ・囲いワナ捕獲の成果と課題  豊岡農林水産振興事務所 上田順平 氏
(3)パネルディスカッション
●テーマ:箱ワナ捕獲における集落の捕獲体制の構築と捕獲技術のレベルアップ方法
●パネラー: 川中 忠行 氏(豊岡市有害鳥獣捕獲班 班長)
羽尻 登  氏(豊岡市有害鳥獣捕獲班)
      中尾 一郎 氏(猟友会養父支部)
      齋藤 芳三 氏(朝来市農業振興課・猟流会朝来支部)
      加藤 幸洋 氏(豊岡市出石町奥小野区 区長)
      松上 春義 氏(朝来市和田山町高生田区 区長)
      阿部 豪  氏(兵庫県森林動物研究センター)
●コーディネーター:上田 剛平 氏(兵庫県但馬県民局豊岡農林水産振興事務所)

(4)意見交換
●人工の線を使わない
●まわりの自然の木を使用し、檻の中の木を自然体で使用する
●大量捕獲の為に何日かあそばせる
●餌を自然体で置く(餌を枝で崩す)
●落としの線の位置を変化させる
●箱ワナを移動する
●箱ワナを移動する前に移動したい所で餌を先にまいておく
●運びやすい箱ワナを使用する
●区が管理、ワナにかかった時は、猟友会へ連絡
●4人~5人で管理している
●連続捕獲するには、
●餌の中に仕掛けを隠す
●両扉のワナを使用する
●片扉のワナを使用する
●自作の箱ワナを使用している
●川からの進入は、水平檻を設置し、その下のあいた部分は、ノリ網を使用(角がかかりオス捕獲)

(5)平成24年どの但馬県民局の取り組みについて
●ワナの導入が進んできた
●ひとつのワナで年間5頭が目標
●いろいろな情報を得る
●技術をマニュアル化して、活用しやすくする

などいろいろな情報を得ることが出来ました
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。